×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第84回句会

2012年11月17日の句会です。
冬浅し昔も別に良くはない川獺
寒構えはみ出し者のぱれえどよくらら
冬の雨やどり木になるパリジェンヌ頬白
クリスマスツリーと新宿駅にあり川獺
ボジョレーの栓開いたまま外に出る虹鱒
水洟や渡世の辞書をほぐしをり真田虫
忘年会策まとまらず胃痛しまみねこ
恋は過去に置いて生牡蠣をほおばって虹鱒
これはとてもフランス的な夕時雨道草
木の葉降る瞳に犀が見えている道草
小説の書けないままに冬に入る虹鱒
牡蠣殻の積み上がりたるブリキ缶川獺
ジャケツにダリの涙を忍ばせる虹鱒
湯豆腐でシュルレアリストを説得す道草
冬浅し低空飛行のカラスかなくらら
納豆汁ヘミングウェイに気に入られる道草
小春日の衛兵犀の角をハネよ道草
恋焦がれ夜の社交場in Parisまみねこ
ぬくぬくの蒲団恋しや午前九時まみねこ
ゆずけずる間に帰る汁さめる頬白
できるだけ沢庵漬けるできるだけくらら
考える人打つ酸の冬の雨川獺
味噌汁のわかめにそって落涙す虹鱒
寄鍋の団子を割って配りけり川獺
柿喰えば乳飲み子が鳴くだんらんや頬白