×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第83回句会

2012年10月20日の句会です。
秋の海力いっぱいの石投げる虹鱒
黄昏に銀杏つまみ鼻つまみ椿
秋ウララ静かなウララ海の街空豆
水澄んで秋ははじまれば終わる虹鱒
金木犀老人となる文学館空豆
クモの巣に45度の秋が射す空豆
秋の影向こう側には城一つ空豆
竹垣の背丈そろわぬ秋の風虹鱒
爽やかに城下町では人と会う道草
ぐちゃぐちゃ脳みそ均(なら)すかないわし雲くらら
焚き火して大事なもっくももっくもくポンチョ
心根と魚を練るは今も昔もヒョウタン
秋茄子の熟れて地面に届きけり道草
引き出しに鰹節の香の海っぺり空豆
秋の雲ひろげハンモックに乗りこむ道草
天からの梯子は箱根に神愛づ紅葉ヒョウタン
斜めよりまっすぐ伸びて金木犀翠柑
月出でて時雨のあいまに虫の声椿
秋の陽に流離う旅人メキシカン翠柑
もみじの葉幾重に吾と世を隔つヒョウタン
秋の蚊の巣食う文学館の庭道草
大磯と箱根をつなぐ赤い桑ヤマイさん
いにしえを踏み分けブーツ城を背にヒョウタン
うそつきとかぼちゃの種を交換す翠柑
つくるのも彩るものも秋の風翠柑
蓋あけて小田原城と秋の空虹鱒
松は皆ダンサーのごと秋高し道草
我がこころ穏やかじゃない秋深しくらら
青蜜柑むきてはじける笑顔かな椿
秋鮭も登りきらない陽気かな翠柑
かまぼこを君の型にぬく夜長かな虹鱒
電線の鳩よりはるかに雲走るヒョウタン