×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第82回句会

2012年9月17日の句会です。浅草名画座。
山中貞雄がアゴ振る愁思かな呼雲
稲妻や世界をふたつに分けるのか翠柑
口惜しやチラシを濡らす梨の汁川獺
呆けたる祖母の手握り言い直す呼雲
名画座や身に沁みていて鳩よ虹鱒
栗ごはん栗いれわすれて母笑う苦椒醤
無花果の潤んだ声が聞きたくて翠柑
色無き風オランダ妻の睫毛(まつげ)梳(す)く苦椒醤
鉄火場に閻魔蟋蟀の群れる虹鱒
月の目でサボテン光り狂いだす翠柑
秋高ししょんべん映画館閉づる虹鱒
任侠道歩く背中に色葉散る頬白
名画座や煙草ぷかりプロ集う頬白
新涼や風逃がすまじ吾のスカート呼雲
爽やかに出歯の露天商逃げる道草
仁義切る出っ歯の男にレモンパイ頬白
仲見世をぶらりとゆけば鹿が鳴く頬白
秋の雨ちさき睫毛にぽたりとな頬白
手ぬぐいを胸元忍ばせ秋暑しまみねこ
手紙には敬老とだけ書いてあり虹鱒
浅草の喜劇役者に月の出る虹鱒
秋の蚊の昭和残侠伝を刺す道草
黒々とアスファルト濡れ秋暑し川獺
日が暮れてふと気付いたり秋の声まみねこ
呑んで聴く夜長の志ん朝柔らかし呼雲
目配せの上達具合休暇明け苦椒醤
渡世(わたりよ)に男昭和穴まどい苦椒醤
休日の珈琲甘し月硬し呼雲
秋暑しバラし忘れたスカイツリーおにかます
初さんま箸持つ顔は書家のごと川獺
敬老の日に名画浅草今を生きる翠柑
さわやかに夕餉(ゆうげ)の匂ひ風に乗りまみねこ
撃つのなら真ん中を撃て敬老の日おにかます
秋風や高倉健の目の開く道草
名画座に最初で最後仁義切るおにかます
天啓に従ったまで芋アイスおにかます
虫の声閉館したる名画座より道草
浅草のスターの手形鰯雲道草