×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第79回句会

2012年6月23日の句会です。
夏の月カクテル光線のなかに消ゆ川獺
鰻には鰻のにほひ定休日道草
紫陽花を朽ち果てさせる夜のシャワー道草
茄子漬や噛む音もなく消えにけり川獺
光とは青葉を過ぎる四角の紙道草
なつかしきマンボの調べや夜釣舟呼雲
梅雨晴れ間鰻屋どこも休みをり虹鱒
つばめのこ顔を見せてと言うが遅し風琳
六月の晴れ間に響く吾子のスキャット新葵
頭の中の洞窟分け入っても青し虹鱒
破れ傘さすあかり道づれつれに頬白
色あせた水着が兄を奔らせる呼雲
蜘蛛の囲の水滴のごと涙する道草
見なれたる制御室あり夕の凪虹鱒
紫陽花の橋を渡りてお別れす頬白
うかうかとお前とシエスタしたいのさ呼雲
浴槽に水溜めて人殺すなり虹鱒
昼花火あとかたもなく白い空頬白
さくらんぼたわわに実りルパン並頬白
密豆や滴拭いて薫るひと呼雲
平日の苔食む蝦蟇や吾を待つ呼雲
蜘蛛の巣を撫でる風まだ初々し呼雲
くちなしの花香る側に紫陽花も風琳
天空樹啼くがよろしいなめくじら呼雲
夏至の日の長し大統領の不在虹鱒
吊革を握りなおせば梅雨夕焼(ゆやけ)川獺
物ありて写真に写れば紙一重風琳
遠雷の陰で番になりにけり呼雲
しらたまや上野の山の墓ひとつ呼雲
額の中美術館の中再び雨道草
氷菓子付属のさじはたよりなく川獺
砂糖水半分残し制御室頬白
立ち寄りし鰻屋さえも受け入れず風琳
青芝に私の夢が走ります川獺
誠実に紙遊びして六月尽頬白
喰いさしの鰻眺めつ水数多呼雲