×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第70回句会

2011年9月23日の句会です。
西武ドーム
稲妻のごとき走塁三塁打常盤
鳥渡るゲームは二死のハイライト道草
颱風の下いらぬこと白状すおにかます
より高くよ黒くあれ秋の波おにかます
ファン去りし球場うめる秋の声常盤
秋興や一番乗りで寝むりおり常盤
秋彼岸真っ二つにすホームランおにかます
敗戦の投手ベンチで秋思かな常盤
埼玉のような顔して昼の虫おにかます
楽園にみたのはただの肉とキス翠柑
父老いて酔いどれ伏せる菊枕海老車
原発を忘れ色なき風の中道草
子らかける婆さん叱る彼岸花頬白
米まいて水をまいて手を合わせ頬白
秋の蝶妊婦や腹に手を留めて道草
振り向かば風不意に止む糸瓜かな道草
蜩にチャイム混じりて子ら帰る海老車
満月に呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーん虹鱒
赤青黄ならべたみやげに秋の風椿
秋の夜迫り出す腹と下弦かなくらら
おっとせい重心傾く天の川虹鱒
レオライナー女車掌の夜は長い虹鱒
親指のすこし伸びたる九月尽虹鱒
がちやがちやや敗戦投手の背の輪舞(ロンド)道草
秋天や敵はノーアウト一三塁新葵
こほろぎを蹴散らしてゆくグラブ手に海老車
秋風や敗れては去る野球人虹鱒
この時期に咲いてみせます彼岸花くらら
爽やかに寝むりはさらに深くなり常盤
秋の陽にきらめく八回裏の旗新葵
火をつけた疎ら線香墓まいり頬白
梨の汁拭(ぬぐ)いてめくる日記帳海老車
ブルペンを発つリリーフの爽気かな新葵
デーゲーム疲れ目に沁む鰯雲海老車
たまにはねぐずりたいのよタイフーンくらら