×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第57回句会

2010年8月29日の句会です。
駒込地域文化創造館で句会しました。
席題「紫」「海賊」「遠景を感じる句」
ねえちょっと葡萄食べるの後にして新葵
稲妻や映画は千代に紫に道草
紫のコオロギ追へば秋に入る竹の子
夏見舞紫頭のあたしですおにかます
紅芋の裏切りはなかったことに昼さがり
紫の煙たなびく鷹渡る虹鱒
海賊をもてなす日には茸飯竹の子
船長(キャプテン)は鯨狂なり鰯雲道草
炎昼や海賊旗のみ乾きおる虹鱒
エーゲ海波荒立てる海賊の秋
惑星灯(ほしあかり)酔うは海賊醒める風白楓
海賊の腕がいっぽん秋に入る新葵
海賊船併せて泳ぐ烏賊の群れおにかます
新涼よ裏側で待つ鉱夫まで新葵
廃線の先確める夏休おにかます
病蛍(やみほたる)窓からのぞむ地図の旅白楓
オールナイトロング嗚呼蝉どもや青春や苦椒醤
火星には記憶があるのか氷水
峰に立つトカゲモドキの美しや竹の子
蝉時雨校庭に犬の白痴虹鱒
陸からは水泳帽がよく見える道草
ぽろぽろとはがれおちゆくかなぶんかな苦椒醤