×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第46回句会

2009年9月27日の句会。秦野(弘法山)鶴巻温泉
落葉踏みゆく我プリティイベイカント鬼笠子
見返せば身に入む山の鋭さや呼雲
盛り上がる根踏みわけて秋メジロ常盤
ハタハタハメジロキラメキアラモード苦椒醤
秋澄みて山頂(やまいただき)の汗ひかす虹鱒
みっける度トトロを探すどんぐりや竹ノ子
どんぐりのぼうしの中にわたし住むまね
秋の水たまむし溺れる水溜まり呼雲
まめ一っこ弘法山生まれおり常盤
蝗(いなご)追う子から横取り弘法山歌葉
山登り相伴預かる秋刀魚寿司白楓
ひどく視線を感じる曼珠沙華竹ノ子
青空に被れ障子と吊し柿鬼笠子
寝不足をとおくに笑う曼珠沙華まね
色鳥や後姿を追いかける道草
秋ねこが水をのみのみたまり池大王烏賊
ハイキング帰り道には秋の声翠柑
せせらぎやねんねもころり残暑かなくらら
死なばこの展望台へ秋涼し虹鱒
秋思まだあってこの山かけおりる新葵
丹沢の釣瓶落としや鐘の側白楓
夕刻にまたねまたねと秋の蝉くらら
一人づつ団栗を見て口開く道草
句か風呂かぐるりぐるりでやっぱふろくらら
湯上がりにぼやぼや眺む相撲かな道草
新米は五分につこうかよく噛んで翠柑
鬱々と秋やまあるく人の後大王烏賊
残る蚊に隙を与えし山歩き歌葉
夕焼けに染まるのを待つからすうり新葵
思うことなど何もなく秋山に大王烏賊
秋場所の魂はすぐそばまで来虹鱒
冒険の山土を翔け渡り鳥白楓
弘法山おっぱいも揺れて秋うらら竹ノ子
湯上りの大広間にある秋気かな常盤
かぶと穴見つけてぐるり秋に入る翠柑
宵闇やエナジーを持て余しており苦椒醤
掌の中の青きトノサマ睨みおり新葵
秋の野に落ち踏み潰される聖かな苦椒醤
団栗の子どもに化けし落下生歌葉
蜘蛛の糸払ったつもりの秋半ば呼雲