×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第41回句会

2009年4月26日の句会です。玉川上水・国分寺散策。
蟻を踏む濃山吹の真下かな呼雲
青空に落ちていきそな逆立ち部新葵
メーデーが来る逆立ちまた逆立ち虹鱒
野遊びの空を回して倒れけり呼雲
倒立をくずしてぬける初夏の風常盤
影ゆらぐ若葉ふらここ春の手招き昼寝
風光るはしゃぐ額に春の汗昼寝
墓石から墓石に移る猫の恋道草
年下のおんな前髪切ってでこ白楓
ババロアはママが作ってもババロワァ竹ノ子
蒲公英や小便小僧の日うらうら真田虫
そこらへん咲き生え乱れ祝祭や苦椒醤
木の端にふしだらな紅山躑躅彩豪
車窓から雲を数えて鷹の台白楓
かなちょろの尻尾飛び出す遊蝶花歌葉
風光る日を透かす葉に希(のぞみ)あり新葵
クローバー踏みし足裏やわらかく道草
水豊か青青のまぶしき若葉かな歌葉
薄青にかなしからずや春の雲鬼笠子
パパ連休一ニ三四五六七僕チャンピョン歌葉
野遊びの側転うつくしき女虹鱒
たんぽぽよチークにしちゃうぞポンポンポン竹ノ子
初もののたけの子一つ玄関に鬼笠子
たゆわいの無職たゆわう鼻をかむ白楓
四月尽雲は早々姿消し常盤
寝転びの胸中春の雲ばかり道草
髪ゆらす春風まどろむ昼の夢昼寝
寝ころんで子のさえずりが遠く伸び彩豪
鷹の道またひとねむりひとねむりおにかます
塔跡に春風吹いて幾世紀新葵
春めきてボール蹴る先から土埃木の香
逆立ちをして夏近し国分寺おにかます
名も持たず咲く花の色美しき苦椒醤
遠き声野原の部屋に響きをり真田虫
木漏れ日を浴びてふくらむ親雀おにかます
ぬくぬくしぬくしつくして春が好き竹ノ子
青ゆれるまたたくのかな木なんだろ白楓
野遊びに春を追い越す夏の子供昼寝
ひなげしが揺れる心は止まる苦椒醤
欅(けやき)鳴く名水の地に春の風新葵
水草のあしながばち甜々と新葵
虻の眼に刺す光だけ尖ってる呼雲
容貌を照らさず消えた朧月苦椒醤
葉桜や苔肌の幹なり武蔵國歌葉
七重の塔跡悩める俳人あり常盤
夏近し名前も知らぬ岩を割る虹鱒
春塵やあるって万葉旅芸人真田虫
薫風や山門の健康を知る虹鱒
一杯もやらないで芝生はなれおり常盤
広場きて東風にさらされ心澄む木の香
少年のシュート練習綿毛飛ぶ真田虫
猫の恋邪悪する私はハートブレイカー竹ノ子
幼児を追いかけまわす夏の風おにかます
天道虫目的の無き手のひらに道草
スカートがぐるり地を踏むのどかさよ彩豪
春陰や世事に濡れゆく木肌かな呼雲