×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第33回句会

2008年8月24日の句会です。荻窪にて「ナイター」「朝寒」の席題。
朝寒や乾びる喉に染み来たる呼雲
天高く群れ鰯雲どこへ行く椿
ピポパポピー宇宙と交信さるすべりくらら
虫の声雨明の匂い闇ゆたか椿
ナイターに枝豆ビールでメタボかな子亀
稲光君のすべてをさらしてよ椿
街灯にむらがるは夜かコウモリかいちじく
朝寒し日に日に腕の白くなり常盤
忠誠を問ふナイターの曇空おにかます
後輪を見失いけり秋の暮おにかます
朝寒や開いた蕾影薄しくらら
朝寒の予感は不安かきたてり翠柑
朝寒く君にふとんをそっとかけ子亀
音は止み新涼の来し閉会式新葵
夜の秋茶の間五憶の解説者新葵
草いきれありし日の故事駆けめぐり子亀
霧笛消ゆ夢の果てまで一人立つ虹鱒
ナイターの喚声横丁の隠居から道草
朝寒や小さきものに気づきけり虹鱒
月に手をそえて歩めば踊の輪翠柑
甥が来てビールが麦茶に名を変える子亀
つなぐ手の鼓動はこぶ朝寒かな
背に止まる話があると油蝉くらら
蟋蟀(こおろぎ)は炎昼黙して育ちおり新葵
秋雨に野次もまばらの外野席新葵
ナイターの後に風呂釜洗う父呼雲
朝寒に青は寿命を知りにけり新葵
自転車で駆け抜ける君の手に桃椿
稲妻やモンゴルの馬西へゆく虹鱒
ナイターをつまみにビール急ぎ足翠柑
ナイターの光背中を追いかけて
ナイターやリモコン取り合う父子かなくらら
風は弓稲穂の弦を弾き抜ける苦椒醤
朝寒や宵の諍いごわごわとおにかます
先月は神輿今月は踊櫓道草
下駄箱に番で居座るあぶらむし呼雲
初秋や雨のかおりに湯沸かす妻虹鱒
包まれし一夜朝寒のことばかり道草
灼熱の青空蝉の音815苦椒醤
秋雨にまた口ずさむ童歌おにかます
宙(そら)に舞う二十一世紀のナイターの夜虹鱒
どんぶりのサイズ変えて秋麗常盤
うなだれし冷飯の味秋の蝉おにかます
白桃と赤子のほっぺた眺めけり翠柑
だだ茶豆うぶ毛かがやくふくよかさ椿
夜の新宿ナイターのごとくいちじく
宵の蝉ビ!と鳴き止みて風過ぐるいちじく
薄羽路に色なき風の顔を出し常盤
裾泥を払いて今日の秋高し藻杏
露の世に蹂躙されし平和の字苦椒醤
白球にメガホンかざすナイターの夏
実秋(みのるあき)口腔にある小骨かな常盤
秋立ちてオリンピックを観るばかり藻杏
行きはしゃぎ帰り背中の初ナイター常盤
わくら葉や夜半の声を背負うなり呼雲
雲にのり身体あずける朝寒の夢
天仰ぐ蝉あらば心恋しけり
雨音に静まる処暑や滲む墨翠柑
蝉鳴けリ今年は何を成したかと子亀
9回のネクストバッターズサークルにとんぼ道草
一球に眠れぬ一人一人に秋道草
飛び起きて朝寒忘るる新学期いちじく
秋風や腕すり抜けてシュラシュシューくらら
驟雨来て遠のく町も流すなり呼雲

神宮でナイターだ〜!!と浮かれていましたが、あいにくの雨。ナイターは見送りです。
今回の句会は、子亀さんや麟さんが来てくれました。二回目の呼雲さんも来てくれました。いやぁ、同じメンバーもいいんですけど、新しい人と句会をすると何が飛び出すか分らないので楽しいです。