×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第32回句会

2008年7月27日の句会です。埼玉の秩父に散策。武甲山。
西日射す巫女という職業の人虹鱒
工場が夕立に消ゆ秩父かな常盤
西日差す空教室や夏休み藻杏
垂直に降る夕立の隠れなし虹鱒
武甲山おっしゃる通り夕立かなおにかます
風通る毛つくろしいつばくらめ常盤
山道や浮かれ天気の雨蛙おにかます
山裾のまちは震えて喜雨の中新葵
山茂(やましげり)動かし首を拭いけり道草
憂き日々を知らずきゃくきゃく雨蛙新葵
声あげて雨音消さん蝉時雨まね
夏空に雲をはきだす武甲山まね
夕立やつなぎの龍の守る里常盤
ビアガーデン千鳥グイグイアン・ドゥ・トゥロワくらら
水風呂や底に蠢(うごめ)くさくらんぼおにかます
一本で日傘雨傘午前午後まね
雷鳴を聞きつ湯に入る楽もあり新葵
風抜けて市に踊れば夏の宵藻杏
雨水が靴中で踊るまた一歩まね
秩父峰まとめて神の夕立かな虹鱒
時ゆきし身はただ老いて武甲山常盤
鈍(にぶ)色のバンパーに夏うつしけり虹鱒
かれちらりこっちじろりのむくげかなくらら
神棚の飯を食いをる夏の朝藻杏
経中に屁の聴こえたる蝉時雨藻杏
後悔を撒きちらし行く秩父かなおにかます

レッドアロー号に乗って胸高鳴らせて、秩父神社へ。北辰の梟やつなぎの龍などなど面白い神社でした。水に濡らす占いやりたかったな。
わへいという有名なおそば屋さんを出た途端、雨。のちに豪雨。武甲温泉までの道のり、長かったなぁ。
終ってみれば思い出もりもりの楽しい散策でした。