×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第31回句会

2008年6月15日の句会です。部室席題「十薬」
黒猫や粽つついて空笑う藻杏
ぼうぼうの草刈る体がはね上がる螺子丸
中年の兄弟となり蜜豆屋道草
紫陽花やシャンペン色に奮えたり呼雲
不如帰赤血球の燃えている虹鱒
どくだみや母とは違う女であり道草
空梅雨の休日ほわり長考す虹鱒
どくだみや給油所裏に低く揺れ白楓
十薬や猫の額を覆いけり呼雲
白壁に守宮の影の染み込む夜呼雲
冷酒にチョコクロワッサン顔しぶし常盤
滴りや時かける音の蒼きかな藻杏
カラフルに飛び交うマダム父の日よくらら
どくだみと泥のサンダルおろしたておにかます
鶏卵は汗を拭いて梅雨の入り白楓
新聞紙昼寝してをり座布団も道草
休日や朝昼晩の氷菓子おにかます
どくだみと五臓六腑にひびかせり虹鱒
ビスコ食う余の手を登る小蜘蛛かな常盤
雨落ちてふっくら染まる額の花くらら
憂さ濯ぐ袋小路の夏の川おにかます
どくだみの呼吸たまる庭の影螺子丸
どくだみの白い十字にこうべたれ常盤
十薬と知ってか猫のかじりたりくらら
鳴神は尾の長々し狭き部屋白楓

この日の句会は三句出し三句選。
特選は白楓さんの「鳴神は〜」の句でした。前回に引き続き連覇です。いやぁ、悔しい。 準特選が螺子丸さんの「ぼうのうの〜」句でした。螺子丸さんは選の感想が面白いです。 初参加の呼雲さんは席題の「十薬」で一番票を集めていました。「猫の額」の句です。

句会をひと段落し、暑いしお外で俳句しようぜ!と公園へ。

気持ちよくお酒飲んでるうちに肌寒くなってお開き。
平行棒で足を平行に保つ呼雲さんに天晴れ。