×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第30回句会

2008年5月18日。小石川植物園散策に行きました。
アヤメにもさびしい刻(とき)の訪れる虹鱒
似合うだろ木の下闇に鴉居り苦椒醤
枝たれて子供と握手若かえで
小満(しょうまん)やかかえし我が子の裾短し雪犬
酒ぐっとバイブレーション初鰹白楓
曇天やじわじわ迫る五月病くらら
アマリリスパーマネントの女主人虹鱒
はだしの子ラージサイズの木でうとうと道草
背も縮んだ隊長の声小石川常盤
桜の実ならべてかぞえ帰り道雪犬
あっ危ない猫の瞳に映る鳥蚕豆
あの世でも黄菖蒲を水の辺に道草
葉桜の下で教えを祖父に乞う雪犬
ぼうたんや散れどもベンチを飾るなり
青空にランチ広げる夏野かな藻杏
青梅や赤ひげの駆け抜けており道草
ボサノバ的なことになったよ夏浅し常盤
クスノキや上着をはおる涼しさよ常盤
クスノキの根本で祈ることもなし常盤
遠目には白点々と夏岬藻杏
そばサラダ新玉ねぎをたぐる宵白楓
まんさくの茂りに時無し光と影苦椒醤
木の周り父子が回り五月晴くらら
草臥(くたび)れてアカシアの花つまみゆく白楓
今年度新緑大賞すずかけの木苦椒醤
グリーンスリーブス奏でし五月小石川苦椒醤
クスノキの象より太く若葉風虹鱒
夏木立どこかで聞こえるもういいよ
ジャスミンや香高けれど色儚き苦椒醤
馬鈴薯の芽は入り組むやだんぼうる白楓
万作(まんさく)やリンボーダンスでくぐり抜けくらら
ジャスミンの香は目印に角曲る虹鱒
木下闇ひとつのベンチコカコーラ虹鱒
木漏れ日に太陽さがすかくれんぼ蚕豆
草いきれ半袖恋しこの暑さ蚕豆
田植えれば従うままの右習え藻杏
羽とどめ水に映せば風薫る藻杏
玄関の百合首長く主待つ蚕豆
おおい木よ見上げるだけですがすがしい蚕豆
青嵐全開だもんこのこころくらら
迷い道知らぬ袖引く五月闇雪犬
新緑や鼻歌誘うふふふのふくらら
大南風(はえ)にヤングなノリをたずねけり常盤
味噌汁の湯気にかかるは朝曇雪犬
夏蝶や大樹の袂(たもと)ひらりひらり道草
菖蒲園まだ咲かぬかと待つ貴婦人
山うどや甘し甘しと白き筋白楓
日の光あまさず抱け青芭蕉
見上げれば緑私の耳たぶも道草

特選は白楓さんの「草臥れて」の句です。
準特選は道草さんの「見上げれば」の句です。

散策は楽しいですよー。