×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第25回句会

2008年2月3日の句会です。節分です。雪でした。
空風待つ人探る手の行方いちじく
百万戸一千万人雪の中常盤
雪折れの小枝がぶらり通せんぼいちじく
節分やまだえり高し鬼子母神常盤
雪遊び童の眼に何映る
寒鴉偉人の墓を選びけり虹鱒
枯れ園やただ粛々と時知らず
雪の降る今日サンシャインは雲の上新葵
牡鹿のその先にある恵方かな虹鱒
ぴちゃんとしゃん屋根すべり雪飛び跳ねるいちじく
墓探し阻む雪折れ霙池おにかます
手袋の蒸れた臭いに時戻る新葵
シャベルの音意地悪婆あ絶好調新葵
寒雀瞬(まばた)きのごと震ふなり道草
皆の向く南南東に明日の春新葵
鹿睨むわたしは鬼を許さない新葵
漱石も鏡花も雪の下にいる虹鱒
覚めてなほ白の深さぞ冬未だ藻杏
兎道残像追いて転げる子真田虫
濡れ冬木竜となりて杜守る苦椒醤
九つの豆食べきれぬ節替わり藻杏
凍雲をハリガネ枝よぐんと突けいちじく
行列に白豆撒きて鬼子母神おにかます
赤タオル雪の中行く雑司ヶ谷常盤
文豪も首相も同じ墓冴ゆる道草
肩越しのけやき一撫で冬の宵雪犬
黒と濡れ欅枯れても立つと云う真田虫
雪の日のねぎラーメンの出足かな道草
節分や児も老人も風も樹も藻杏
墓石に爪先の雪なすりつけおにかます
雪娘ない血たぎらせ恵方狩りおにかます
雪降れり日々の一時彩りて
暖房と別れを惜しむ店先で
風雪や右斜め前より来たる藻杏
さらわれて雪に残った足の軸真田虫
くつ下に小雪のまじる暗夜行虹鱒
ねんごろに手折りて遊ぶ寒椿雪犬
寒暁に凍み凍み染みてメンソール苦椒醤
茨枯る遠き我家鉄条網雪犬
雪まろげ潰す親爺の照れ隠し真田虫
豆かぞえ幼き頃より笑う節分草冠
サンシャイン60けむる雪たまわる虹鱒
恵方噛む後ろ姿のキラークイーン常盤
手向け花雪に汚され色男苦椒醤
長靴や雪を蹴ちらしよく進む道草
雪女郎意中の男の足を踏む苦椒醤
頬杖をつきし八雲の冬の墓雪犬
鬼子母の子クリアファイルで雪を掻く真田虫
寒鴉一鳴き帰るビルの群れ雪犬
冬の靄ビルの頂いずこへと
高く行く隼戻ることはなく藻杏
小雪やみ濡れし靴下帰路遠しおにかます
本年は賄賂で許せ鬼は外苦椒醤
高層ビル冬霧の日のかくれんぼいちじく
雪ぐつをぬいだ体の軽いこと常盤
除雪夫のもみあげ厚きまま残る道草