×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第22回句会

2007年11月11日の句会です。高田馬場。
丘の上凧ながむスワンボート常盤
白鳥の記憶を寄せる広瀬川藻杏
白鳥にロック聴かせて踊りをり真田虫
白鳥はあの日も飛んだとは知らず新葵
ふんわりと息を洩らして白鳥来る道草
暗雲や白鳥一羽飛びたたずおにかます
冬夕焼駄菓子屋の前賑わうおにかます
バクダンをぽろぽろこぼす小春かな常盤
虎落笛駄菓子屋跡を吹きぬけて新葵
吸入器外して食らふ駄菓子かな真田虫
駄菓子色の町組み立てる神奈月道草
手袋で駄菓子ほおばる帰り道藻杏
気を抜くと眼鏡が来るぞ落葉焚おにかます
ボーナスをあてた必死の伊達眼鏡新葵
丸メガネ祖父の面影暮早し常盤
青空や眼鏡割れたる雪合戦藻杏
雪女指を伸ばして眼鏡取る真田虫
焼(く)べてしまえ赤い伊達眼鏡なんて道草
息はずむ馬ながめたる枯蟷螂常盤
馬走れ夢追先は光あれ止無突
寄鍋にひょいと紛ぎれし馬の骨おにかます
出馬前白き鼻息今朝の冬藻杏
勝牝馬湯気立つ胴の艶めいて新葵
馬の背の霙(みぞ)れて荒き音すなり道草
山下りて焚火を跨ぐ赤兎馬真田虫
オリックス双子阪神大震災真田虫
隙間風末の赤子は双子なり新葵
冬の坂くちぶえ吹かば双子に会う道草
水洟や双子を抱いた母強し常盤
冬の朝いびきステレオ双子かなおにかます
肩並べ膝掛一つ双子かな藻杏
マッチ消し一つ床にて夢の続き亜桃翠鸞
空っ風マッチ三本糖尿病常盤
マッチ擦り解き放たれし神の旅藻杏
燐寸潰し青きジャケツの子を待ち居り道草
しまいこむマッチ箱カタと指先を打つ歌葉
酷寒に泣きて山なすマッチ屑おにかます
風花を照らすマッチの灯かな真田虫
着ぶくれているがあだ名はマッチ棒新葵