×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第21回句会

2007年10月21日の句会です。阿佐ヶ谷。
朝寒や携帯電話ふるえてる常盤
鶏頭花トンガリ峰に似たりけり
階段をひとつ下れば天高し虹鱒
秋の声デパートかこむおしゃれさん常盤
さんま食う女の光る夜がきた虹鱒
秋暁に答求めて窓開ける新葵
朝空のとりわけ高し四谷駅新葵
秋祭道いっぱいに人溢れ
肌寒しケータイのなき帰り道おにかます
秋深し日向を選ぶ散歩道 新葵
おまんちょぱん三度となえる夜は長い虹鱒
かりがねや群立したるビル抜けて道草
洟垂れてつれぬ布団を見つめけりおにかます
見上げれば雲と風との絵画展
ごぼう堀り先端までは引ききれず布佐
鰯雲日向でつまむくじら缶常盤
秋高しいつか挫折も霧散して
青い空高なる心試そうと
路地の妻手持ち無沙汰に猫じゃらし道草
秋あはれ携帯電話持たぬ日々道草
ケイタイは持たずにゆくぞ秋麗
天高し我が子を撫でる梢かな真田虫
秋夕焼泣いて惜しんだ童かなおにかます
天高し豪州に写メ贈る友虹鱒
秋夕焼心燃やして沈みゆく
糸瓜忌やカリーを食べて孫笑う道草
灯り消え湯船に浮かぶ文庫かなおにかます
空腹に鵙の早贄ながめてた常盤
秋すさまじ鬼の出てくる話する虹鱒
携帯と言葉選びの小望月蓄膿
櫓田(ひつぢだ)の青青繁り鳥遊ぶ布佐
うつぶせによだれながるる天高し常盤
殺してと願う晩秋薄手かな
仕事なし落ち葉拾うも家八分蓄膿
待ち人は来ずと悟る目露もみじ
ベル鳴らす天の高さを口実におにかます