×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第19回句会

2007年9月24日の句会です。谷中で吟行しました。
腹深しあれもこれもと秋の昼おにかます
賑わいに蔦茂る墓じっと居り新葵
双葉山のこったのこった睨めっこおにかます
役立たず寝惚けし秋の扇風機白楓
異次元より蟲鳴き呼ばう我が寝床苦椒醤
秋の暮彫塑の奥に佇めり虹鱒
風もなき墓にゆらめく曼殊沙華真田虫
墓洗う婆の拙きひとりごと道草
裸婦像と営む日々や秋の暮道草
飽きがきてなお新しきわが暮らし白楓
毒きのこ毒らしく生え森の赤新葵
暴れ蚊の柱あり皆兄弟か新葵
青と白陣地取りする秋の空まね
曼殊沙華郵便ポストと背くらべ道草
西日暮里猫と子供と数遊び真田虫
秋の蚊の遠回りして俺を刺す道草
秋の花名付けてまわる墓参りおにかます
秋夕焼ハモニカすぐに上手くなり虹鱒
歌止みて過ぎてぞ虚し秋の蝉藻杏
こんなにも広い空埋める秋のくもまね
ひぐらしやその日暮らしの影に染む白楓
塔婆薙ぎ野分雲いま谷中たつ虹鱒
蝉知らぬ次の季節に生きている白楓
曼殊沙華裏には墓地の行き止まり真田虫
秋涼ししんと賑う水屋敷おにかます
新秋の作として落つ石榴かな虹鱒
幼子の指にはじかれ鳳仙花新葵
水澄みて釣竿しこむ長廊下常盤
君を噛む歯で無花果を割るように道草
目をとじてあけた頃には秋の闇常盤
秋の昼音の隙間の音聞こゆ真田虫
貧すれば鋭と奏でしきりぎりす白楓
秋空や富士見の名持つ坂のぼる真田虫
カーブミラー映るどこまで空と道まね
黒髪の絡み絡まれ女郎蜘蛛苦椒醤
笑みこぼるしりの重さが身に入みて常盤
秋曇ぬけた音だすハーモニカ常盤
新涼や錻力の店の外囲う虹鱒
大盛が食卓うめる秋渇常盤
年寄りが年寄り叱る秋の声おにかます
体爽気に溶け頭からにして行く新葵